ジョイスマスタッフBlog

2017.06.02東京でセミナーを受講してきました

この1週間に東京へ2度行きました。遊びに行った訳ではなく、両方ともセミナー参加が目的です。

5月28日(日)にあったのがJapan Invisalign Forum 2017。 Invisalignに関する最新の話題です。

出っ歯(上顎前突)患者さんの多くは下顎が後退しています。Invisalignで治すためには従来は2級ゴム(顎間ゴム)というエラスティックを自分でかける必要がありました。

最新の方法では、Invisalignに組み込まれているprecision wingのお陰で、噛みこむと下顎が前方へ誘導されます。

つまり、顎間ゴムをかけるという患者さん自身の手間がなくなったのです。また、顎間ゴムをかけると目立つのも問題でした。

これが適応症の患者さんにとっては朗報ですね。当院でも、近々ある患者さんに使用する予定です。

アライナー矯正の進歩は凄いです。ワイヤー矯正がなくなる日も近いかな???



次に参加したのが、6月1日(木)に行われた、近藤悦子先生の『Muscle Wins! の矯正歯科臨床』というセミナー

『筋と骨が争えば勝つのは必ず筋なのである』と著名な解剖学者Harry Sicherが述べましたが、近藤悦子先生は、そのことを長期間の観察症例から導き出したのです。

矯正歯科で治療した歯と顎の位置を安定させるのは、矯正歯科医にとって一番大事な問題です。そのためのテクニックと考え方を勉強しました。

鼻呼吸や嚥下が正しく機能してこそ、歯や顎が理想的な場所に位置し、安定するのです。

10年程前にも、近藤先生のMuscle Wins! セミナーを受講しましたが、今回は、復習だけでなく、新たな発見もありました。何度聴いても素晴らしい!!!

ちょうど、名著を味読すると、読むたびに新しい発見があるようなものです。

トップへ