トップページ > 診療案内 > 設備紹介

ジョイスマイル矯正歯科 設備紹介

矯正歯科が変わるデジタル革命!口腔内スキャナ iTero Element

当院で導入している口腔内スキャナ(iTero Element)についてご説明したいと思います。簡単に言えば、お口の中を高速に撮影して、歯列の状態を3次元的なデジタルデータとして記録する機械です。このデジタルデータを用いて、マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)や裏側矯正歯科装置(DW Lingual Systems)が作られます。

身の回りには、スマホ(スマートフォン)、デジタルカメラ、デジタルテレビなど、デジタル機器があふれており、だんだん便利な世の中になってきました。アナログ的な治療が主だった矯正歯科にもデジタル化の波がやってきており、便利で快適な矯正歯科に変わろうとしています(デジタル矯正歯科革命!)。それでは、どう変わったか具体的に順を追って説明していきます。

従来、歯列の状態を記録するためには、トレイに粘稠な材料を盛り付けて、お口の中に入れて採っておりました。嘔吐反射の強い患者さんにとって何よりも苦痛な治療でした。また、失敗する確率も高く、何度も取り直したりすれば、患者さんの負担は相当なものでした。また、ドクターや衛生士にとっても、患者さんに苦痛を強いることは、大変辛いことでした。順調に型取りできても30分以上もの時間がかかりました(アナログ的型取り)(図1左)。

当院でいち早く導入したiTero Elementでは、型取りが根本的に変わりました。ワンド(手に持ってスキャンする部分)を口腔内に入れて動かすだけで、歯列を高速に撮影します(1秒間に6000回もの高速撮影)。この操作はたった数分で終わり、とても快適な型取りです。撮影した3次元的デジタルデータは極めて正確なものとなります。また、レントゲン撮影とは違うため被爆の心配もなく、型取りに使う材料を誤嚥する事もないので、極めて安全です。

このデジタルデータを海外のアライン社に送れば、従来の型取りと比べて精度の高いインビザラインができあがってきます。デジタルデータなので、インターネットを通じてあっという間に送ることができ、完成したインビザラインが送られてくるまでの期間も短縮されました。以前は、採得した歯の型を梱包し国際郵便で送っていましたので、その期間短縮効果たるや、今すぐにでも治療を開始したい患者さんにとっては朗報となります(図1右)。

(図1 左)従来の型取り(アナログ)

従来の型取り(アナログ)
梱包して国際郵便で海外へ送る

(図1 右)iTero Element (デジタル)

iTero Element (デジタル)
デジタルデータなのでネットを介して送る

そして、更に凄いのは、デジタルデータなので、コンピュータで治療結果を計算でき、その場で映像としてシミュレーションできることです。これこそ矯正歯科に起こったデジタル革命ですよね!(図2)

ただし、その場で確認できるシミュレーションは、あくまで参考にするだけであり、正確な診断は、歯科医師である私がクリンチェックというソフトウエア上で行います。その診断結果を基に、実際のインビザラインが作成されるのです。

(図2)

下顎左右第2小臼歯欠損と上顎前歯部叢生を伴う上顎前突症例(左)のシミュレーション
上顎左右第1小臼歯を抜歯して、上顎前突も叢生も解消されたところを示しています(右)

口腔内スキャナ iTero Elementのまとめ

  • ①矯正歯科での治療がアナログからデジタルへと変化しつつあり、当院でも積極的にデジタル化を推し進めています。
  • ②iTero Elementを使用すれば、極めて正確なデジタル的型取りが可能になり、インビザラインの適合性が増しました。
  • ③従来の型取りでは30分以上、iTero Elementではたった数分とこの違いは大きく、患者さんにとって、極めて快適な型取りとなりました。また、iTero Elementの使用では、被爆や誤嚥の心配もなく極めて安全です。
  • ④iTero Elementで読み取ったお口の状態はデジタルデータとして保管され、海外とのやりとりもスムーズになりました。その結果、インビザラインの完成までの期間が短縮されました。
  • ⑤iTero Elementでは、その場で治療結果を映像としてシミュレーションできるようになりました。これぞ、未来の矯正歯科の形です!!!

*インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

トップへ