トップページ > 治療内容 > 各種矯正装置 > 保定装置

保定装置

文責:柴口竜也

矯正治療終了後に、歯並びの安定のために利用する装置のことを保定装置といいます。
矯正治療でせっかくキレイな歯並びになっても、元に戻ったら治療に費やした努力・時間・費用が無駄になるかもしれません。そうならないためにも、保定が一番大事と言っても過言ではありません。
保定装置には、歯の裏側に固定するものと、着脱可能なものがあります。当院では、固定式のボンデッドワイヤーと着脱式のリテーナー(又はエシックス)の併用をおすすめしています。
保定期間は、エッジワイズ矯正期間と同じくらいの約2,3年となります。

ボンデッドワイヤー(ワイヤーボンディング、G-Archなど)

ボンデッドワイヤー
目的
前歯の裏側に細くて丈夫なワイヤーを接着し、治療後の歯並びの安定を図ります。
使用方法
歯の裏側に歯科用接着剤で直接固定するタイプの保定装置ですので、自分自身で着脱できません。
この装置のみで歯並びの安定を図ることもありますが、当院では、夜間就寝時に、着脱式の保定装置(リテーナー、エシックス)を併用する場合が多いです。
コメント
噛み合わせが深い場合に上顎に着けると、下顎前歯が装置と強く当たるため、使用できない場合があります。
下顎に着ける場合は、噛み合わせに問題が起こりませんので、使いやすいです。ただし、下顎前歯の裏側は、歯石がつきやすい部位ですので、医院で定期的な歯石除去を行う必要があります。
装着期間は約2,3年ですが、後戻りが予想される場合や、患者さんが希望される場合には、長期間つけておくことがあります。

リテーナー(ベッグタイプリテーナー、ホーレータイプリテーナーなど)

リテーナー
目的
治療後に歯並びの安定を図るために使用する、着脱式の装置です。
使用方法
エッジワイズ装置を外した後の数ヶ月は、後戻りしやすいため、できるだけ長時間の使用をお願いします。ただし、食事や歯磨きの時は外してください。
最終的には、夜間就寝時の使用のみでOKとなります。
ボンデッドワイヤとの併用可能な装置です。
コメント
着脱可能なため、指示された使用時間を守らないと、後戻りすることがあります。
紛失などが度重なると、再製するまでの期間、使用できず後戻りすることがあります。
装着期間は約2,3年ですが、後戻りが予想される場合や、患者さんが希望される場合には、長期間つけておくことがあります。

スプリングリテーナー

スプリングリテーナー
目的
リテーナーと同じく、着脱式の装置です。治療後に歯並びの安定を図るために使用します。
治療終了時のキレイな歯並びに戻ろうとする復元力もあるため、軽度の後戻り症例にも使用されます。
使用方法
エッジワイズ装置を外した後の数ヶ月は、後戻りしやすいため、できるだけ長時間の使用をお願いします。ただし、食事や歯磨きの時は外してください。
最終的には、夜間就寝時の使用のみでOKとなります。
ボンデッドワイヤとの併用不可能な装置です。
コメント
着脱可能なため、指示された使用時間を守らないと、後戻りすることがあります。
紛失などが度重なると、再製するまでの期間、使用できず後戻りすることがあります。
装着期間は約2,3年ですが、後戻りが予想される場合や、患者さんが希望される場合には、長期間つけておくことがあります。

エシックス(インビジブルタイプ、マウスピースなど)

  • エシックス
  • エシックス上下装着時
目的
透明なマウスピース型保定装置で、着脱可能です。よく似た装置に歯を動かすためのインビザラインがありますが、エシックスは治療後の歯並びの安定のために使用します。
使用方法
エッジワイズ装置を外した後の数ヶ月は、後戻りしやすいため、できるだけ長時間の使用をお願いします。ただし、食事や歯磨きの時は外してください。
最終的には、夜間就寝時の使用のみでOKとなります。
ボンデッドワイヤとの併用可能な装置です。
コメント
歯がかみ合う面にも透明樹脂が覆っているため、使用しているうちに、穴が開いてくるかもしれません。そのため、時々、作り直しする必要があります。
着脱可能なため、指示された使用時間を守らないと、後戻りすることがあります。
紛失などが度重なると、再製するまでの期間、使用できず後戻りすることがあります。
装着期間は約2,3年ですが、後戻りが予想される場合や、患者さんが希望される場合には、長期間つけておくことがあります。
トップへ