トップページ > 症例紹介 > 40代以上

40代以上

私も、dr.裕美もdr.柴口も全員がアラフィフ(around fifty)になってしまいました。37歳で開業しましたが、その頃は、自分より年上の40〜50代の方に、なかなか矯正治療をお勧めすることができませんでした。もちろん、この15年で矯正治療の進歩と発達という側面は見逃せませんが、私自身の40〜50代の方への気持ちの持ちようが大きく変化しました。自分も年齢を重ね、仕事も熱意をもって取り組みたいし、自分の外見も気になります。また、食事も楽しみたいですし、おしゃれにも気遣いしたいです。まだまだ第二の人生ではありません。まさに第一の人生、まっしぐらと言ったところでしょうか。その為に、もし、お口の中の状態、歯並びが気になるなら矯正治療をお勧めします、勇気を持って、相談にお越し下さい。お口の中が健康な状態なら、50代の方でも矯正治療は十分に可能です。

患者さんからのコメント一覧はこちら

症例

尚、患者さんから治療についてのコメントをいただけたものは、★印が付いております。

【叢生(乱ぐい歯)】
【下顎前突(受け口)】
【上顎前突(出っ歯)】
【過蓋咬合(深いかみ合わせ)】
【前歯部不正(交叉咬合など)】
トップへ