トップページ > 症例紹介 > 30代

30代

以前のように「30代ですが、矯正治療はできますか?」と質問されることは、減ったように思います。それだけ「大人の矯正治療」が世間に認知されたということでしょうか。
選ばれる装置は、様々です。お子さんと一緒に矯正治療を開始するお父さんお母さんも多く、その場合は、お子さんと同じ唇側からのデーモンシステムなどを選択されます。また、お仕事されている患者さんからは、表から見えないリンガルブラケットでの治療の要望が多くあり、多彩な装置の中から選択いただけると思います。また、歯並びの状態によっては透明なマウスピース矯正も選択いただける場合もあろうかと思います。
分別もつき、これからの人生考えて、歯並びの治療に取り組むには良い時期だと思います。この時期なら、残された人生の方が長いですよ。

患者さんからのコメント一覧はこちら

症例

尚、患者さんから治療についてのコメントをいただけたものは、★印が付いております。

【叢生(乱ぐい歯)】
【下顎前突(受け口)】
【上顎前突(出っ歯)】
【過蓋咬合(深いかみ合わせ)】
【前歯部不正(交叉咬合など)】
【臼歯部不正(交叉咬合など)】
【上下顎前突(口元の突出)】
トップへ