トップページ > 症例紹介 > 前期治療のみ > 開咬

前期治療のみ

前期とは歯列の中に乳歯と永久歯の混じった時期(混合歯列期)であり、小学生の矯正治療と考えて下さい。この時期には、身体が大きくなりますので、顎の成長も期待できます。矯正装置で成長を助け、歯列の拡大や顎の成長の促進・抑制が可能です。永久歯を抜かなくても全ての歯がキレイに並ぶことを目指します(非抜歯矯正治療)。通常、後期治療をスムーズに進めるための前段階として行いますが、なかには、前期治療のみで終えられる場合もあります。十分な治療結果で無い場合もありますが、複雑なエッジワイズ装置を使用しないことで患者さんへの負担が減り、その治療結果に喜んでいただいております。
装置は、リンガルアーチ、各種拡大装置、ヘッドギアーなどを用いますが、特に「トレーナー」を用いて異常習癖の改善を行う治療(MRCシステム)に力を入れております。

症例

【開咬】
  • 男子
    治療開始年齢:7歳
  • 女子
    治療開始年齢:6歳
  • 男子
    治療開始年齢:9歳
  • 男子
    治療開始年齢:6歳
  • 女子
    治療開始年齢:6歳
  • 男子
    治療開始年齢:7歳
  • 女子
    治療開始年齢:7歳
  • 女子
    治療開始年齢:9歳
  • 女子
    治療開始年齢:7歳

前のページに戻る

なお、お約束通り通院できなかったり、ご自宅での装置の装着・トレーニングなどができなかった場合は、治療期間が長くなったり、きれいな歯並びにならないことがあります。

歯科矯正治療による偶発症などについてはこちらをご参照ください。

トップへ