トップページ > 症例紹介 > ★10歳 女子 混合歯列 抜歯 (抜歯部位:上下顎小臼歯)

★10歳 女子 混合歯列 抜歯 (抜歯部位:上下顎小臼歯)

ID:322

開咬

叢生(乱ぐい歯)

上下顎前突(口元の突出)

前歯がかみ合わないこと(開咬)を気にされて来院された10歳の女子です。前期治療として、タングクリブで舌突出癖の防止を図り、MFTも併せて行っております。その後、ヘッドギアーを併用して上顎大臼歯の遠心移動ををはかりました。経過観察後、口元の前突感が気になるとのことで、上下顎小臼歯を抜歯いただきデーモンシステムで後期治療を行いました。前期治療に約2年、その後、経過観察を経て、エッジワイズ治療に3年を要しており、その後保定に移行しております。

患者さんからの感想

治療が終わって治療前の写真と治療後の写真を見比べると、歯並びはもちろん横から見たときの口周りの出張りが無くなっていたり、口やあごがシャープになっていて嬉しかったです。
最初の頃は歯のはえ方も噛み合わせも全部悪かったのに、今ではまるで別人のように歯並びが良くなっていて、すごく嬉しいです。
もし歯を矯正してなくて昔の歯並びのままだということを想像すると、本当に矯正して良かったと思います。

クリニックコメント

歯並びの改善はもちろんですが、良好なプロファイル(側貌)となりました。治療結果に満足していただき喜んでおります。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時

なお、お約束通り通院できなかったり、ご自宅での装置の装着・トレーニングなどができなかった場合は、治療期間が長くなったり、きれいな歯並びにならないことがあります。

歯科矯正治療による偶発症などについてはこちらをご参照ください。

トップへ