Dr.シバグチの院長Blog

2017.10.04口腔内スキャナー(iTero Element)を導入しました

口腔内スキャナー(iTero Element)を導入しました。

iTero Element



レーザー光を当てるだけで、口の中を3次元的にデジタルで再現できます。再現された歯型から、歯を仮想的に移動させて、キレイな歯並びになるまでをシミレーションできます。

このシミレーションをもとに、マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン・システムのアライナー)*を作成します。

アライナーは7日〜14日おきに新しいものと交換され、歯をシミレーション通りに動かしていきます。

このiTeroのお陰で、従来の型どり(PVS印象)より、患者さんの負担は少なくなりますし、歯型の精度も上がりました。また、アライン・テクノロジー社とのやりとりもスムーズになり、アライナーが完成するまでの期間も短縮できます。患者さんによっては良いことずくめですね😃

従来の矯正治療は、ドクターがワイヤーを曲げたりと、極めてアナログなものでした。しかし、治療の最初から最後まで、デジタルで矯正治療が完結できる時代がやってきました。凄い時代になりましたね😃

* インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

トップへ